ウエットライディング

明日はいよいよダンロップ第2戦です!
今のところの天気予報だと午前中には天気が回復、午後には日も差すみたいな事言ってますが、 どうせなら朝6時位には上がって走り出す時にはほぼドライになって欲しいな~~

まあ天気に関しては神頼みするとして、ウエットをいかに攻略するかです。
まず最初にマシンの差によるウエットを考えてみましょう。
タイムを削る為にセットアップされているトップのマシンは当然のように、ドライでセットアップされており、ドライグリップに合わせてあるサスはウエットでは硬く、グリップを失い易い方向に
なってます。これは車両重量の多い、またパワーのあるマシンほどその傾向が強くなります。
また当然リッターバイクのパワーはウエットでは簡単にグリップを失ってしまいます。
その辺りを理解した上で大会に臨むべきでしょう。
無理の出来ないマシンは誰が乗っても無理は出来ないんです。

では今あるマシンをどれだけウエットに対応してやるか!
本来なら、タイヤをウエット性能の高いものを履く、スプリングを前後柔らかく、
ファイナルはロング。これが出来れば確実に上位に食い込めるかも・・・
でも実際はジムカーナでは誰もやってません。「ウエットのセッティングなんて誰もやってないものね~」
では簡単に出来るウエットの時のセッティング方法は。。
タイヤは0.1~0.2位エアー圧を上げる。
ダンパーも冷えて硬くなるので少し緩める。
車体姿勢が変化するのを怖がらなければ前後のプリロードを緩める。
この辺りが限界でしょう。
俺の場合はタイヤエアーは標準か0.1kg位上げる。
ダンパーは様子を見て変える
プリは基本的にはいじらない。「やるとすればリヤを少しだけ下げる」
後はライディングでごまかす・・・・これがほとんどかな~~

ライディングはどうするか?
まずは無理しない事! ウエットでは無理は禁物!
スムースにタイヤに急の付くエネルギーを与えないようにライディングする事。
これが大事です。 肩の力を抜いてリラックス!
これに尽きるかな~
細かい技術は・・・・なんてなくて、とにかく丁寧に早く!マシンは起こしてアクセルオンですかね?

では、、明日は怪我の無いように楽しみましょう(^_^)v




ウエットではタイヤの性能が第一である事! 次にマシンのウエット性能が高い事! そして丁寧に正確なライディングが出来る事!
ジムカーナの場合レインタイヤは許可されていないし、ウエットであってもドライのタイヤで走らなければならないのが現状です。当然その時履いているタイヤがウエットに向いているかは運ですね~ 
次にマシンですが、ドライのグリップに合わせたマシンはウエットでグリップの下がったタイヤには硬く、極端にタイヤとサスペンションのバランスが崩れてしまいます。
だから意外とノーマルのマシンが雨には強かったりします。
また重量のあるマシンは

この記事へのコメント

  • =☆東 春平

    ウエットの時は一般的に空気圧を下げると良いと思っている人は多いようです。ぼくも以前はそう思っていましたが・・・雨の練習走行で空気圧を0.2kg位上げてみたことがあります。そうしたら同じフィーリングで3%強タイムが早くなりました。いまではウエットでタイヤ空気圧を上げるのはお約束になっています。

    この話しても結構信じてもらえないのですがね・・・
    2006年05月27日 18:01
  • まっきい

    雨だとタイヤの温度があがらないので、内圧もいつものようにあがりません。 また、面圧をあげる意味でも内圧をあげる方が良いようです。 でも明日はドライで走れそうですね! 走り終わったらビショ濡れになれるように頑張りましょう!
    2006年05月27日 19:48

この記事へのトラックバック

最近のコメント

佐久パラダスキー場バイク練習場 by ぶん田 (05/31)

佐久パラダスキー場バイク練習場 by 初心者ライダー (05/29)

動画では見えない部分の体の使い方 自分なりのライディング解説 by サカモト@FZ1FAZER (05/14)

ZRX1200R+Q5A テスト3日目 by ぶん田 (02/29)

ZRX1200R+Q5A テスト3日目 by Uせんせ (02/26)

2024年 ナップス杯沖縄予選 by ぶん田 (02/13)

パーツ by ぶん田 (02/13)

2024年 ナップス杯沖縄予選 by Z1000娘 (02/12)

パーツ by noream (02/09)

CB125Rの使い方。 by ぶん田 (12/04)