MJ杯のビデオを見て

色々と試行錯誤しながら作っているGSXRですが、ここでスリッパークラッチと
オーリンズの導入で少し的をしぼれなくなった感がありました。
そこでビデオを入手!走りをチェックしてみました。
1ヒート目はダンパーはノーマル、車高は低め。
2ヒート目は圧側ダンパーを極端に緩めてプリを3㎜アップ。
走ったイメージとは違い、1ヒート目の方が全体のバランスが良いですね~
2ヒート目は動きの渋い新品オーリンズに合わせてダンパー抜いたのが良かったみたい。
それで走りやすく感じたんですね!でも車高は完全に上げ過ぎです^^;
またビックリしたのが1ヒート目! オーバーランしたのですが
そこでのロスは2秒近くあるんです・・・・
単純計算で1分34秒台の走りだったみたい・・・・惜しいな~~~

もう一度しっかりとセッティングをして事務茶屋とダンロップ練に向かいま~す!

この記事へのコメント

  • シン

    今晩は、確かに目の前で見ていましたが、あのぶん田さんが、固まってました、確かに2秒は真っ直ぐでした。ガタガタと、、すると1ヒートが最速と、、
    2006年11月22日 22:08
  • ぶん田

    まだまだ自分のマシンでもどの位加速するのか
    分かっていない証拠ですよね(^_^;)
    ホントビックリするほど加速しだすんですよ~
    早く思い通りに走らせられる様になりたいです。
    2006年11月23日 00:20

この記事へのトラックバック