ハスクバーナ、ちょっと面白い事してみました

ハスクバーナSM250も少しづつ進化させていますが
今度は面白い事にトライしてみました。

ライトエンジンになってからのリプレースマフラーはどこのメーカーもサブチャンバー室を持ったタイプになっています。
写真はアクラボビッチ!
画像


この構造にする事で、低中速のトルクアップとフラットなトルク特性にする事が出来る様なのです。
画像


これはとても美味しい性能アップだと思いませんか?

と言う事で、ノーマルのエキゾーストを加工して同じ様なサブチャンバー室を設けてみました!

画像


チャンバー容量や連結パイプの太さ、チャンバー室の位置等々、見よう見真似で
最高に性能が発揮できるかは全くの未知の世界です(^^)


さて、試乗です。

エンジンをかけて思う事は、以前より排気音の音質が角が取れて円やかになったかな?
そして排気音が太くなりました。

トルク感が伝わってくる感じでしょうか?


それはスタート直後から感じ取れました。
明らかにトルクが増しているんです。
そして4000rpm位までは一定アクセルでバラついていたエンジンがとても扱い易く変身。
そこからアクセルを開けると、今までとは違う次元でエンジンが付いてきます。
山道に入ってからも8000rpm位までを使って走ると、何時もより一つ上のギヤでも走れそう!
な位粘り強さと強力なトルクを感じ取れます。
ジムカーナ走行においてはよりポテンシャルを上げた印象です。

まあサーキット等ではあまり使う回転数では無さそうですが・・・

これで、もう少し排気抵抗を減らしたマフラーにしてみると面白そうですね(^^)


さてさて、段々と明らかになって行くSM250のポテンシャル。
ライダー心理としてはこいつを、本番で走らせたくなって来ちゃいます。

ZRX1200はブイブイ言わせて、自分を誇示する走りは最高で面白い(^^)
SM250は今まで使った事のない領域のポテンシャルを感じられ、チャレンジしたくなる面白さがある。

それに比べるとCBR600は意外と重いし、ポテンシャルもA級で走るには厳しい部分も見え隠れする
中途半端な感じで魅力に欠けるな。。

さて、今後の車両選びどうしようかな~

自分が楽しいと思える車両で走るのが自分のモットウなので
自分の心に正直に行くかもしれません~

この記事へのコメント

  • 催眠

    これは、チャンバーはFMFのパワーボムと
    同じイメージでなんでしょうか?
    どんどんポテンシャルが上がってますね。
     益々出遅れてゆく、がんばります。
    2011年06月23日 19:38
  • ぶん田

    催眠さん<
    パワーボムと同じイメージでしょうね!
    ただもっと容量が増えるので効果もより高いのかも。。
    250の低速不足を補うには良いアイテムになるかな?

    出遅れって・・・
    時間はどんどん過ぎて行きますよ~
    2011年06月23日 19:58

この記事へのトラックバック