鳥取ツーリング後半

鳥取の宿を出たのはAM5:00  まだまだ外は真っ暗です。
それもその筈、日の出の時間が6時頃ですから、日の出までまだ1時間もあるんです。。
誰もいない鳥取の街中を走って目指すは鳥取砂丘。。
20分程度で着いてしまった鳥取砂丘もまだ暗闇に包まれている状況。。
目の前には砂丘が広がっている筈!!!!
だけど全く何も見えません。。 見えるのは車中泊している車たちと、星空のみ。。
即 諦めて西を目指します。

自分のツーリングは全国の峠道を走る事!なのでクネクネ道があれば行ってみます。
東へ向かう但馬漁火ラインっていう道沿いには旧道であろう道が幾つもあるのを確認していたので、国道は通らず
漁火ラインをせっせと走ります。 田舎道の漁火ライン。。そこから更に脇道に入ると言う流れ。

新温泉町と言う所から余部を結ぶ海沿いの道に入りました。
ここで良いの??? この道で良いの? そんな不安を煽るほど、狭くて苔生した道に入りました。
落ち葉に砂利に、そして苔生している。。。
全国の酷道を走っている自分にとってはこの程度!!全然平気!!ってな感じで走ります。
暫く走るとまだまだ野生の時間なので、数頭の女鹿と小鹿を発見。。良いね~~~なんて思いながら走っていると
目の前に大きいな角を持った牡鹿が居るじゃないですか。。。
こりゃヤバイ。。。(^^;  しばらく睨み合っていると牡鹿が道を譲ってくれたので走り始めました。
するとカーブを曲がる度に牡鹿、そしてまた牡鹿。。
もうね~~数え切れないほどの牡鹿と遭遇。。(笑)
今度は朝日が下から照らす様に差してきます。。もうなんにも見えないよ。。
IMG_1586.jpegIMG_1583 (1).jpeg
自分にとっても過去最高にスリリングな峠道となるのでした。

峠を抜けると目の前には余部鉄橋。。
IMG_1592.jpeg

但馬漁火ラインはこのまま久美浜湾を抜けて丹後半島を周ります、、当然そのルートで私も走ります。
このルートとっても海が綺麗なんですね~
これはかぶと山展望台
IMG_1603.jpegIMG_1611.jpeg
そして丹後半島に入ると沖縄の海とはまた違った綺麗な海が広がってました。
IMG_1615.jpegIMG_1619.jpeg

丹後半島をグルっと周ると天橋立に到着です。。でもね~~とっても混んでるの。。。
どうする??どうする???  人混みは嫌だよね~~って言う事で今回はパス。。。(笑)
こんな方まで来たのに、砂丘も天橋立も見ないのかいいいいい~~~
ここでおかじむとはお別れ。。
自分は昔行った事のある、三方五湖レインボーラインを目指します。
晴天の中頂上に向けて駆け上がります。気持ち良いい~~~
でも頂上は車の渋滞。。戻るか?って思ったけど、前日にあきぽんが来ていたので写真だけでも撮らないとね。。
って言う事でリフトに乗って頂上です。
IMG_1640.jpegIMG_1633.jpegIMG_1631.jpeg
昔来た時とは全く違って天空のカフェとか天空の足湯なんて言うのが出来てました。

五木ひろしの故郷の碑も健在~~
IMG_1630.jpeg
一曲聞いてレインボーラインを後にしました。

本日のお宿は福井県越前の鯖江市です。

最終日、ブラタモリでもやっていた一乗谷史跡を目指します。
誰も居ない一乗谷でパシャリ
IMG_1644.jpegIMG_1645.jpeg
越前大野から国道158で九頭竜湖を抜けて高山を目指します。
このルートは月曜日って言うのもあるかもしれないけど、空いているんですよね~
良いペースであっという間に高山です。
高山行くなら観光でしょ~~って言う所ですが、何度も行っているので今回はパス。。
久し振りに安房峠を走ろう!!って言う事でクネクネの安房峠を走りましたが、以前に比べても
かなり道が荒れてますね。 
IMG_1653.jpegIMG_1654.jpeg

この道を昔は大型バスやトラックが走っていたんですよね~
一度で曲がり切れないから連休となると大渋滞で抜けるのに2時間以上かかったりしてたよな~
なんて思い出しながら走っておりました。

松本からは中央道で南下、何時もの通り柳沢峠で一気に帰りました。
今回の総走行距離は1577㎞
初日を抜いて一日平均437㎞
今回もちょっと走り過ぎているな~と反省と共に鳥取ツーリングは終了です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック