SSBブーツスライダー 施工例

SSBブーツスライダーを自分のブーツに施工してみましたのでご案内します。

まず使い古した、路面で削れ切ったブーツへの貼り付けです。
IMG_2056.jpeg
減っている部分にシューズドクターで張り付けました。
IMG_2058.jpeg
乾いたところで、シューズドクターで埋めました。
これで走行すれば接地している部分だけ表に出てくると思います。


次に新品ブーツへの施工です。
純正スライダーを外して、ジムカーナで削れる様にサイドをカットして。
SSBブーツスライダーがハマる様に四角く掘りました。
IMG_2051.jpeg

そこにシューズドクターで貼りつけました。
IMG_2054.jpeg
乾いてからシューズドクターで埋めて
純正スライダーを取り付けられる様に加工をして、その上から取り付けて、最後にシューズドクターで隙間を埋めてみました。
IMG_2060.jpegIMG_2059.jpeg

これで走行後に綺麗に削れてSSBブーツスライダーが出て来た所で、これ以上削れないブーツが完成する予定です。

この記事へのコメント

  • 2021年12月31日 18:21

この記事へのトラックバック