Z900の現状

9月後半からジムカーナ用のセットアップを始めたZ900SEですが、今のところの評価としては10点満点中8点位かな?
ダメなのはフロントサスのダンピング不足、タンクの形状の悪さでハンドル切れ角を増やすとタンクに手が挟まれてしまう事
その2点が問題です。。
フロントサスはスプリングもノーマルのままリバルビングで強化している状態です。
リヤサスは全くのノーマルでOEMのままのオーリンズです、車高調も圧側ダンパーの調整も出来ない状態で
セットアップの範囲を狭くしちゃっている状況です


タンクは業者にお願いして手の当たる部分を加工してもらいました。
IMG_3375.JPG
これによって、ポジションの自由度、ハンドル入れ角の自由度を手に入れました。
ハンドルの変更とシートの形状変更,,ステップの変更で好みのポジションにする事が出来ました。
要相談ですが鉄のタンクであれば当社の下請けで加工可能ですので相談にのります。。


その他に関してですが、ブレーキのバランスが悪いのでマスターをゲイルスピードに変更。
ブレーキパットをベスラーに変更、、これでかなり扱いやすいブレーキになりました。
リヤはパットも含めて全くのノーマルです。 ABSはヒューズを抜いてキャンセルしてます。

エンジンに関してはECUの書き換え、ファイナルの変更で、元々変更が必要ない程扱いやすいエンジンでしたが
パンチと扱いやすさを得る事が出来ました。
スリップオンマフラーを入れてますが、これはちょっと音が寂しい。。と思っての変更です。
BEETのフルエキを頼んでますが、納品が23年の春と言う事ですのでしばらくはこのままです。

IMG_3326.jpeg

格好を気にしてのフェンダーレス。エンジンキャンセラーの追加、 SSBの装着、マフラーガードの装着、リヤスライダーの装着
純正ラジエターガード、純正クランクケースガードの取付。
これが今現在のZ900SEのセットアップの全てです。

軽量化の為のパーツの取り外しはしてません、、ETCも付いたまま、ヘルメットホルダーやホーンも付けたままの状態です。
ホイールもノーマルのまま。。自走でも参加できるこの状態でSBクラスの超軽量マシン勢にチャレンジしていくのが今の目標です。

前後サスの性能、調整範囲の狭さから、バランスを取るのが大変ですが、ダメな部分はライダーが頑張って
次回のJAGE杯もこのままで頑張ろうと思います。
皆さん応援お願いしますね~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック